007709もうすぐハロウィンですね。

日本ではコスプレという側面のみ持ち上げられているような気もしますが、最近はいろんな場所でハロウィンパーティが開かれるようになってきました。
そして、こころなしか日本在住の欧米人が中心に盛り上がっているような印象を受けます。
私も今年は英会話学校が主催するハロウィンパーティと、イギリス留学帰り友人が意気込んでいるパーティにそれぞれ参加する予定です。
どちらも日本人だけでなく、英語を話す人が一定数参加予定。もちろんそれが参加理由の大部分です。
その後に繋がる出会いではないかもしれませんが、積極的に英語を話す環境に身を置くといった意味では、こういったパーティはおあつらえ向きかも。
普段、英会話レッスン以外で英語を話す機会がないので、ここぞとばかりに英語を実践したいんですね…。
でも、ハロウィンパーティってよく考えると不思議ですよね。
パーティ自体は特に何もすることがなく、むしろ出会いとかコミュニケーションを主目的にしているのでは?という印象すらあります。
だって、「treck or treat!」なんて英語、誰でも知っているし、知っているからといっていい大人が近隣の家に行ってお菓子をもらうわけでもない。
お菓子をもらうための英語イディオムがあったとしても、その後使えなさそうですし。
とにかく、コスプレパーティという名目のもとにわいわい騒いで、いろんな人と仲良くなれればそれでいいのかもしれません
私の通っている英会話学校のハロウィンパーティも似たようなものです。
インストラクターのなかには欧米以外の国出身の人だっていますから、本格的にハロウィンをお祝いするというよりは、軽食&飲み物を囲んで、生徒やインストラクター同士でおしゃべりさせるのが目的。
でも、せっかく参加するのですから英語で話したほうがいいですよね。たとえ日本人の生徒同士であろうとも。
そう、私がこのハロウィンパーティに期待しているのは、「同じ英会話学校にどんなレベルの人が通っているかわかる」という点なのかもしれません。
普段、完全マンツーマンのレッスンを受けているため、日本人の生徒同士ではまったく交流が無いのです。
これをきっかけに交流が生まれれば、志を同じくする友人に出会えるかもしれない…。
そんな淡い期待を抱きつつ、こっそりコスプレ衣装も調達しておこうかなどと目論んでいる今日この頃です。
みなさんも近場でハロウィンパーティがあれば、一度参加してみると面白いかもしれません。英会話の勉強方法には色々ありますが、ハロウィンパーティーで英会話を勉強するのはワクワクしますね!