台湾に行ってきました!というわけで台湾の思い出をいろいろ書いていこうと思います。

まず、今回会社の休みは一日も使わず、ふつうの3連休を使った2泊3日。それにしても羽田空港~松山(ソンシャン)空港便は多少お値段も高いですが、とにかく速い!

特に松山空港から台湾の中心地まではメトロで20分という近さ。台北にはもう一つ桃園空港というのもあらうのですが、ここは市街から車で90分程度と少し遠目。
イメージ的には成田空港のような感じでしょうか。

空港からの距離なんてほんの1時間程度だと思うかもしれませんが、2泊3日の旅行では少しでも時間を有効に使いたいので、けっこう重要ポイントだと思います。

さて金曜日までがっつり仕事をして土曜日の朝10時の飛行機なので、それほど早起きすることもなく羽田空港へ。

羽田の国際線ターミナルを初めて使用したのですが、なんだかすごいことになっていますね…。
日本を訪れる外国人を意識した江戸風のレストランコートや、日本食の展示など、国内線ターミナルのシンプルさとは似ても似つかない(笑)

そこで、『ことりっぷ 台北』を購入しました。世界各国の首都や観光地であれば、『地球の歩き方』よりも『ことりっぷ』派。理由は軽くて小さいからです。
情報量は少ないけど、それは今時スマートフォンでどうとでもなるので…。要は、きちんと編集された情報と、経験者の生の声(=口コミ)をバランスよく参考にするのが旅情報収集ノコツかも。口コミはあくまで個人の主観ですし^^;

というか、空港でようやく観光ガイドを買うなんて、ほんとにお気楽旅です。普通は旅行が決まった時点でガイドブックを見比べてアレコレ決めるのかもしれませんが、それほど突発でも行けてしまうくらい、台北は近いということで。。

その後、無事離陸。ANAです。

 

DSC_0095[1]

実は今回、機内食を無料オプションで変更したので、それが機内のちょっとした楽しみの一つでした。無料変更サービス、ご存じですか?

一般的には糖尿病の人や血圧が気になる人、あるいは宗教上の理由で特定の食材が食べられない人のための特別ミールです。
でも、基本的に誰でもミール変更は可能。

私が今回選んだのはイスラムミール。豚肉やアルコールは使用されていません。CAさんの口ぶりからすると、イスラム教徒でなくても、豚肉アレルギーなどを理由にイスラムミールを利用する人もいるそうです。
実際、私だってスカーフを被っているわけでもなければ、アラブっぽい顔立ちの伴侶を連れているわけでもなかったのですが、特に何も言われることなく、一般的な「Beef or Chicken?」とは一味違う機内食を楽しむことができました。写真はその機内食。

メインは白身魚のトマトクーム。それに豆サラダ、魚のカルパッチョ、一口チキンケバブ、レアチーズケーキです。

こころなしか、普通のミールより豪華な気がしませんか?笑