英語の勉強中

リスニングパワーを使い始めて、1週間ほどたった方の感想です。スピードラーニングのような「聞き流すだけ」の教材との違いや、発音矯正について、面白い視点で書かれていますね。

[リスニングパワーを聞き始めて一週間ほどたちました]

リスニングパワーを聞き始めてまだたったの1週間ほどですが、
これは私が今まで使ってきた「聞き流すだけ」などの英語教材のタイプとは全く違い、
とても驚いています。

リスニングパワーは、「日本人が英語を聞き取れるようになる教材」と
うたっているだけに、キーサウンドと言われる日本語にはない発音に焦点を当てた、
画期的なリスニングプログラムだと思います。

ヘッドホンからは右耳、左耳、両耳とそれぞれに英語の発音や単語、文章が流れてきます。
また右耳から左耳、左耳から右耳へと英語の音が移動するので、
まるで脳をマッサージされているかのような感覚になりました。
さらに、だんだんとキーが高くなっていく機械的な音のみがプログラムに入っているなど、
「きっと子供のころに失ってしまった世界中の言語を習得できる脳の回路を、
取り戻す訓練をしているんだな」と感じました。

英語の音声も男性、女性と同じくらいの比率で入っていて、
女性の英語の方が聞き取りやすい私にとっては、
男性の話す英語に慣れることができる絶好の教材です。

今はまだ、字幕なしの洋画の理解力は以前とほとんど変わりませんが、
あと2~3週間後には、ナチュラルスピードの英語がどれだけ
聞き取れるようになっているのかが、とても楽しみでなりません。

また、これだけ徹底的に英語独自の音を聞いていると、
発音に自信のない私でも、同じ発音ができるような気になってきます。
日本人は「英語の音が聞き取れないので、話せない」とはよく言われます。
しかしこのリスニングパワーを聞き続けるうちに、リスニング力だけではなく
スピーキング力も同時についてくるだろうと、どんどん期待が高まります。

[編集後記]

英会話の教材というと、つい、単語が覚えやすくなっていたり、空港やホテルなど海外旅行や海外出張を想定した場面での英会話が録音されているものが多いですが、リスニングパワーは全く違いますね。

私も、使い始めてビックリしたのですが、発音矯正って、英語独自の音を聞き取れるようになることなんじゃないかな~と思います。

発音強制のコツ

ツイートツイート