018291新宿の紀伊国屋によく行くんですが、1階のロゼッタストーンのPRカウンターが毎回気になって仕方ありません。
本当にうたい文句のとおり、自身をもって、頭の中で「訳さず」話せるようになるのでしょうか?

ちなみにロゼッタストーンという教材を聞いたことがない方のために簡単に説明しておくと、ロゼッタストーンはオンライン英会話とCD-ROMテキスト(PCにインストールして使用)を組み合わせた英語教材です。

パック料金が3万円~10万円以下と、パック教材にしては値段が安いのと、英語以外にもフランス語、スペイン語、ドイツ語などのパックがあるのが特徴です。

値段がけっこう安いので、英語ではなくもう一言語を初級レベルで覚えるのに使ってもいいくらいですね^^英語以外でオンライン英会話をできるというのは、ほかの教材には見られない特徴かも。

さて、ロゼッタストーンを実際に使用された方のクチコミをまとめると、
・継続しやすい
・コストパフォーマンスが高い
・予約や特定の場所に通う必要がなく、自宅で勉強できる
というメリットと、
・ベーシックパックを最後まで学習しても「ペラペラ」になるわけではない
・オンライン会話で不具合が出るとモチベーションが一気に下がる
という現実的な意見に分かれていました。

確かに、誰もが高速インターネットと処理速度の速いパソコン環境を持っているわけではありませんよね。スカイプでも自分のネット環境のせいでうまく会話ができないときもあります。

さて、んな教材でも、成人してから外国語を勉強する以上ペラペラになれるわけないのですが、たとえば現地に旅行にいったとき、簡単な日常会話くらいはできるようになっていたいですよね。
知識ゼロの状態からそのレベルにまで到達できるのであれば「買い」かな、と思いますが、そうでなければ、個人的には保留な気がします。

どの英語教材にも言えることだと思いますが、効果を誇大にアピールする教材は、その広告文句の「英語」という部分を「日本語」に置き換えてみるとわかりやすいんです。

たとえば、「聴くだけで日本語が勝手に口から飛び出す」とか、「文法がわからないくても日本語ネイティブの表現を覚えられる」なんて、到底真実とは思えませんよね。

それは英語でも同じことです。

今回はロゼッタストーンでしたが、もう一つ気になっている英語教材が「スピードラーニング」。
ゴルフの石川遼選手が広告しているヤツですね。

こちらも、期待と胡散臭さが入り混じっていて、なかなか手をだすことが出来ていません。
一度、じっくりクチコミを比較・検討してみて、よさそうであればトライしてみようかと思います。