英語の友人

ゴールデンウィークです。
レジャーの予定がある人も多いと思いますが、なにも予定のない日は、集中して英語を勉強する日にしてみるのもアリです。

といっても、英会話の集中コースに通うとか、海外に跳び出すといった、アクティブなものでなくても大丈夫。

家でDVDを見るとき、字幕なしで洋画を見てみるとか、翌日が休みなら、渋谷や六本木のクラブで朝方までノンビリするとか、英語に触れる時間を積極的に作ることが大事です。

ちなみに個人的な意見ですが、渋谷・六本木のクラブで夜から朝まで踊り続けている人ってあんまりいませんよね(笑)
運動しに来ているワケじゃないので当たり前かもしれませんが。

さて、外国人と英語で話したい、という目的でクラブに行く時には、自己紹介でちゃんと、「英語で話したい!」アピールをすることが大事です。
なぜかというと、彼らだって「日本人と触れ合って日本語を上達させたい!」と思っているかもしれないから。

それに、相手が英語ネイティブなら問題ありませんが、別の言語を話す相手にわざわざ英語で話すことを強要するのは、なんだか変な感じですよね。

英語の話し相手にならないからバイバイ!というのはもっと変なので難しいところですが、日本国内の外国人が誰でも彼でも英語を話せるとは、思わないほうがいいですね^^;

では、クラブなんて近くにない!そんなに夜更かししたくない!という人はどうすればいいかというと、やっぱりオススメはオンライン英会話です。
英会話学校にくらべて安価ですし、時間にもある程度融通がききます。
マイクとカメラも安いものであれば千円以内で手に入るので、友達とスカイプする感覚で、英会話をしてみるのもオススメ。
実際に毎朝オンライン英会話でレッスンを受けている友人によれば、「教師の質は…正直、運による」とのことですが、
教師が合う・合わないは本当に「人それぞれ」ですので、まずは挑戦してみましょう。
オンライン英会話レッスン、最近ではピンからキリまで本当にたくさんサイトがあるので^^

最後に、時間はあるけどお金がない人には、スカイプやMSNメッセンジャー。

これはほとんど裏技になってしまうので、話半分で聞いていただきたいのですが、プロフィールに「日本人・女子」と書いておくだけで、いろんな国の男性からメッセージが飛んできます。
それが日本人男性であれば、当然、いわゆる出会い系に発展してしまうのですが、物理的にとおーく離れた場所の男性であれば、英会話の練習台になってもらうくらい、それほど危険はありません。
女子の特権というヤツなので、実行するかどうかは自己判断で…。
ただ、この方法は時差を考慮しなければいけない分、最もゴールデンウィーク向きと言えるかもしれません。