基本 CMYKDavao Cafeで毎日オンライン英会話を続けているわけですが、どうしても急遽都合が悪くなることがあります。

基本的に1時間前までであればDavao Cafeのホームページよりキャンセル・変更OK。でも1時間以内の場合はどうしたらいいんでしょうか。

オンライン英会話を始める以前は、1時間前に予定が変わることなんてないでしょ!と思っていたのですが、電車遅延により、予定していた時間に帰宅できなかったり、ついついお酒の席が長引いてしまったりなど、けっこう「ああ、今日も間に合わないな・・・」という状況はあります。

また、用事ではなくて予約したレッスン時間を勘違いしていたことも何度か…。

そういうとき、翌日にスカイプを立ち上げると、先生からの着信履歴と、「どうしたの~?」というメッセージが残っていて本当に申し訳ない反面、1時間前しかキャンセルできないんだし、しょうがないか、と思う自分もいて、複雑な気分です。

おそらく予約がキャンセルされないまま、生徒がチャットに応答しない場合の対処法などはきちんと決まっているはずですが、せめて一言、「今日のレッスンはキャンセルでお願いします」と言えれば、気持ちのうえでどんなに楽か。

(ちなみに、レッスンキャンセルしないまま応答しない場合は当然ながら1回分のレッスンが消費されます。)

なので最近では、タブレット端末にスカイプのアプリをインストールして、もしレッスン時間に間に合わないようであれば、直前でも一言メッセージを送るようにしています。

レッスン時間外に先生とやりとりするのが問題ないのかどうかわかりませんが、先生だって待ちぼうけをくらうのは嫌でしょうしね^^;

そういうときのメッセージは、「Sorry I wiill not able to take your lesson today(tonight), I hope we can chat again anytime soon」という感じでしょうか。

だいたいの場合「OK~」と返事が返ってくるので、次回、その先生を指名した際に、「このあいだはごめんなさい」と改めて伝えればよいわけです。
ついでに、そのときの状況について話したりすれば会話も盛り上がりますよ。

英語を使うのは、何もレッスン時間内に限った事ではありません、むしろこういうシチュエーションでこそ、生きた英語を積極的に使う機会になるのではないかと思っています。