ƒ}ƒCƒN

今日、初めて自分の英語レッスンを録音しました!

もともと、私が通っている英会話学校はレッスンの録音OKなのですが、これまでなかなかきっかけがつかめず、録音しないままでいました。
今回勇気を出してタブレット内蔵の録音アプリで録音に挑戦。。
結果、いま改めてその音声を聞き直しているのですが、自分の発音や文法事項のむちゃくちゃさに、恥ずかしいやらあきれるやらでとても正気で復習ができません。
周囲のブースのざわめきがあるので、上手に録音できているとは言いがたいのですが、でも、結論から言えば録音していてよかったと思います。
よかったところの一つ目は、まず、自分の発音のダメな部分をはっきりと自覚することができます。
私の場合は、いかにも日本人らしいthとsの発音の違いと、rの発音が、「なんか不思議」。
rとlの区別はできているのですが、正しい「r」の発音からはかけ離れた音で、どうやって直したらよいのか見当がつきません…。
これは次回、相談してみることにします。
ほかにも、ふとした頷きや受け答えの第一声が未だに超初級だったり、文法事項を丸無視して単語のみで会話しようとしていたりと、1レッスン分のみの音声でも、かなり勉強になる部分があります。
当初の目的では、インストラクターの話し方やフレーズをお手本にして自分のボキャブラリーを広げる予定でしたが、とてもそんなレベルにまで達していないことが判明し、若干落ち込んでいます。
と同時に、こんなに「変な」英語でも通じるもんなんだなぁ、と感心しますが。
とりあえず今回は、自分の間違いをまとめて、次回のレッスンでインストラクターに報告できるようにしたいと思います。
もちろんインストラクターはそんなこととっくに気づいているでしょうが、やはり学習者本人が自覚しているかどうかによって指導方法にも差が出るでしょうから…。
ちなみに今回はタブレットにダウンロードした録音アプリで録音をおこなったのですが、ちゃんとしたICレコーダーを買ってそれに録音したほうがいいかもしれません。
前述のようにほかのブースの音声まで紛れ込んでしまいますし、容量の問題もありますから。
まだまだ、レッスンの内容を次回にフィードバックする間でのレベルには達していませんが、今後もレッスンを録音し英語学習に役立てていきたいと思います。
みなさんも、英語を話す機会があればぜひ録音して自分が話している様子を客観的に見てみると新たな発見があるかもしれません^^
(レッスン等以外のシチュエーションで録音するときには、必ず相手の許可を得ましょう!)