英会話喫茶

そろそろ私が英会話学校に通い始めて1年が経ちます。
長かったような、短かったような…。
英語の運用能力は確実に身についているとは思うのですが、残念ながら、教室以外で英語を使う用事がなく、実力を試す機会がなくて、ちょっと困っています。
英語が必要なのに話せない!!と困っている人にくらべるとずいぶんと能天気な悩みですね^^;

というわけで、英会話教室以外の場所で、もっとフランクに英語を使える場所を探しています。

そのなかで一つ、気になったのが、英会話喫茶というもの。
よく、高価な英会話教室に通うよりも、六本木のクラブで外人さんと遊んだほうが、英語運用能力は上達する、と言う話は耳にしますよね。
でも、クラブの場合は、しなくてもいい余計な苦労もくっついてきます。
タバコ臭いし、必然的にお酒も入るので、ナンパを断るのが面倒。
スラングを日常表現として覚えてしまう…などなど。
特に若い女性一人で行くのはあんまりオススメできません。
二人以上なら、まぁ大丈夫かな…ちゃんと周囲に気を配っていれば。

一方、英会話喫茶と呼ばれる場所は、ドリンク代に加えて、1時間1000円程度のチャージを支払うことでネイティブのインストラクター(ただのスタッフの場合もあり?)と話すことができるというもの。

英会話教室に比べ、値段は格安ですが、おそらくレッスンカリキュラム等はなく、自由に「雑談」する場所として使用するのではないでしょうか。

英語話すためだけにお金払うなんて変!と思う人もいるかもしれませんが、普通の友人(=お金を払わない)と英語で話すと、絶対に日本語混じりの会話になるんですよね。
それでは英語の運用能力は上がりません。

ちなみに、英会話喫茶では、ネイティブのインストラクター一人につき、日本人(お客さん)数名でおしゃべりすることが多いようですので、必ずしも自分のレベルに合った会話はできない可能性があります。
(私はマンツーマンの英会話に通っているため、必然的にマンツーマンと比較してしまいます)

でも、もし自分のレベルよりはるかにハイレベルなシチュエーションでもリスニングの練習や、発音確認の場として活用できそう。

そのほかのメリットとしては、入会金や予約といった手続きが不要なので、いつでも好きな時間に行くことができること。
通う必要がないこと、などが挙げられます。

逆にデメリットは…通ったとしても、インストラクターが固定でなければ、毎回別の人とゼロから会話を組みたてないといけないことでしょうか。
それもまたいい経験にはなりそうですが。

東京都内にはたくさんあるようですので、一度遊びにいってみたいと思っています。

行ったらまたレポートしますね♪