資金

英会話学校に通いたいと思って、レッスンの相場を調べてみると、けっこう高くてびっくりしたことはありませんか?

私の通っている英会話学校は、某マンツーマンがウリの大手英会話学校です。
1レッスン(40分)で約6000円程度。
(※私の支払っているトータル費用をレッスン数で割っただけですので、契約パターンやローン回数により個人差があります。)

おそらく大手の英会話学校のなかでは一番高いと思いますが、レッスンやレッスン外サービスのクオリティが高いので気に入っています。

多くの外資系企業や海外進出している日本企業などの指定英会話学校となっているので、少しお高めなのかもしれません。

でも、私は全額自費の趣味語学ですから、経費はできるだけ安く抑えたいというのが正直なところ。

ということで、いま楽しみにしているのが「教育給付金」の還付です。

正しくは「教育訓練給付制度」といって、労働支援の一環なのでしょうが、制度に加入している英会話学校であれば趣味語学でも受講料還付の対象になるとのこと。

初めてこの制度を使用する場合には、雇用保険加入期間が1年以上ないといけませんが、一般的に1年以上正社員をしている人なら、誰でも受けられます。

ただし、「レッスンを受講して能力が身についた」と証明するものが必要なので、一定の試験のようなものをクリアする必要はあります。

気になる金額は、レッスン料の20%、最大10万円
(私の場合は最大の10万円が還付予定。)

10万円が返ってくるの嬉しいですよね。
また、能力アップをしないと還付金がもらえないということで、英語の勉強のモチベーションも上がります。

私は、実はまだ契約した全レッスンを修了していないので還付申請も行っていませんが、教室で説明を受けた手続き方法をメモしておきますのでよければ参考にしてください。

1.関係資料2点を用意する。
・住所のわかる身分証明書(運転免許証、住民票など)
・被保険者証
2.英会話学校に①の資料を提出し、レッスン修了証を発行してもらう
3.所轄のハローワークに提出して申請する
4.2週間程度で還付金が振り込まれる

という流れのようです。
ハローワークに自分で出向かなければいけないのが若干面倒ですが、10万円ですしね(笑)、それくらいの手間は惜しまないでおこうと思います。

もし、英会話学校の受講を希望していて、どの教室のレッスンにしようか迷っている人は、「教育訓練給付制度」の有無を調べてみるとよいと思います。
基本のレッスン料が高くても、還付金制度があればコストを抑えつつ質のよいレッスンが受けられるということですね。