Unknown-1

前回、英検とTOEICの違いを書きましたが、もう一つメジャーな英語能力試験がありました。
それはTOEFL(トフルもしくはトーフル)。
TOEICと似ている上に、実際点数を換算して、公式な書類に記載することも可能なので、益々ややこしいですよね。
TOEFLはTest of English as a Foreign Language の頭文字をとった略称で、外国語としての英語能力を図る試験です。
じゃあTOEICは?というと、Test of English for International Communicationという言葉の略称で、主に英語でのコミュニケーション能力を図るためのもの。
どちらも基本的には、英語が母語でない人向けの試験ですが、私の通っている英会話学校の講師は全員、TOEICを受験しているとのことでした。生徒が受験する試験内容を知るためにも、受験が義務づけられているそうです。
さて、話がTOEICに飛んでしまいましたが、TOEFLは主に、教育や研究の現場で必要とされる英語能力を満たしているかどうかが試されます。
つまり、海外の大学や研究機関に留学する際にはTOEICよりもTOEFLが求められる傾向にあるのです。
日本語でもそうですが、普段日常的に話している日本語と、お医者さんや研究者が使う「専門用語」って全く別ものですよね。
いざ留学したときに、日常会話以上に重視されるのが研究言語です。むしろそれができないと留学した意味がありませんから、英語圏に留学する人にとってはTOEICよりTOEFLのほうが重要なんですね。
反対に、留学するのでなければ、TOEFLよりもTOEICの勉強をしたほうがベターです。
ちなみにTOEFLもTOEICと同様、取得した点数で成績が示されるので、あくまで自分の英語能力を試してみたい!という人は受験しても損はないかも。
前回の記事も含め、英検、TOEIC、TOEFLの特徴をごく簡単にまとめると、
英検:小学校以前〜高校生向け。合格・不合格の二つしかない
TOEFL:学術や研究の現場で英語を使用する人向けのアカデミックな試験
TOEIC:大学生〜社会人に必要な英語能力を測る試験
という感じでしょうか。
こうして見ると、やはりTOEICが強いように思えますね。
私はTOEICと英検しか受験したことがないのですが、受験のしやすさはやはりTOEICのほうが勝っていると思います。
頻繁に試験が実施されていますし、何よりも受験者数が多いので参考書も充実しています。
総合的に英語能力を測るためには、今のところTOEICが一番なのかもしれませんね。