247343

夏休みは実家に帰省してきました。春先にもたびたび帰省する用事があったのであまり懐かしくはありませんでしたが、せっかくなので夏らしく庭でバーベキューをしたりお祭りにいったり花火をみたり…。

そのあいだに英語を忘れなかったかというと、正直ちょっとあやういです。やっぱり英語は少しずつでも毎日継続が重要。

それは東京に帰ってきてから気づいたことでもあります。

まず一つは、一度、通信状況が悪くて、オンライン英会話の動画がつながらず、音声のみでレッスンをしたことがありました。
普段はお互いの表情や身振り手振りが動画で伝わるのですが、その時は音声のみ。
正直、普段に比べてリスニング力が2割くらい落ちたように感じました。

いつも、「Perdon?」と聞き返すことなんてほとんどないのに、ちょっとショックです。また、私が話している英語も先生になかなか伝わっていないような雰囲気。
自分が英語を話している時、正直、内容ばかりが頭の中を占めていて発音なんて二の次になってしまいます。

動画がつながっていれば、多少発音が不明瞭でも「雰囲気」で伝わっていたところ、音声のみだと伝わらなかったということでしょうか。

これもすごくショックでした。

私の英語は、ハッキリ言ってもうクセがついてしまった状態だと思います。これを今から直すのはかなり難しいとしても、せめて伝わりやすい発音は身に着けたい。

こういうときは、あまり外部から入力(リスニング)しても意味はなくて、ひたすら自分の話す英語を聞いて、聞き取りづらい部分や、何を言っているかわからない部分を修正していくことが大事だそうです。

自分が話している英語といえば、昔マンツーマンの英会話レッスンに通っているときにレッスン中の音声を録音させてもらったことがありました。
その際にも、ちょっと発音は気になっていたのですが、当時はまだまだ「通じればOK」な気分だったんですね。

今は、とりあえずなんとなく通じてはいるから、「なんとなく」の部分をさらにブラッシュアップして、確実に声だけで通じるようになることが目標です。

とりあえず今夜からはレッスンを録音して、自分の発音を聞いてみます。怖いけど。

もともと、通じることが第一目標だったから、それをあらかたクリアした今、気が少し緩んでいるのかもしれません。

基礎に戻ってディクション(発音)のテキストでも読んでみようかと考えています。せっかくなら多くの人に通じる英語を話したいですもんね。