コーンマフィン

アメリカに来ても美味しいお菓子が食べたいと思い、日本では滅多にやらなかったお菓子作りにチャレンジしています。
最近よく作るのが、コーンマフィンです。

最初の頃は、アメリカの大きなオーブンが使いこなせなかったり、日本のレシピ通りに作っても、若干味が違ったりと、残念な結果になることが多かったので、ケーキやマフィンミックスを使ってみました。
ミックスだともう調味されているので、既成のアメリカンな大味のケーキと変わらなかったり、、なかなか悪戦苦闘していました。

そんな時、見兼ねた知り合いのおばちゃんが、「あなたいっつも失敗してるわねー。コーンマフィンなら絶対失敗しないからやってみなさい」と言って、くれたのがこのJiffy corn muffin mixです。

Jiffy corn muffin mix

更に、「日本人は甘いの好きじゃないでしょ?これならそんなに甘くないわよ」とのこと。

私的にはレトロなパッケージがツボだったので、それだけで嬉しかったのですが、更に嬉しい事に、材料が、ミックスろ卵とミルクだけなんです。
材料を全部混ぜ合わせて、好きな型に入れてオーブンで焼くだけで出来ました。

おばちゃんのアドバイスによると、暖かいマフィンを半分に割って、バターを縫って食べると美味しいとのことだったので、やってみました。
とろとろのバターとマフィンのさっぱりした味の愛称が良かったです。これなら朝ごはんにもなります。

後日、おばちゃん流、美味しいコーンマフィンの作り方も教わったので、それも作ってみました。
マフィンミックスの半量を、ケーキミックスに代えることです。そうすると、通常のコーンマフィンよりもふわふわで甘いマフィンが出来上がるとのこと。

ケーキミックスはsoftasilkなど、一般的なスーパーで売っているものでOK。おばちゃん家のコーンマフィンは全部この作り方で作ってるそうです。
作ってみると、確かにこっちのがふわふわ!今度からこの作り方にします。

Jiffy corn muffin mix使ったアレンジレシピは他にもたくさんあるようで、ネットで検索したら山ほど出てきました。今度は違うレシピで作ってみたいと思います。

編集後記

いかがでしたか?アメリカ人の味覚は日本人とは結構違って、日本の味を再現しようと思ってもなかなか苦労するものです。

でも、そこは割り切って、せっかくアメリカに住んでいるんだから、簡単に調理できるミックスを使って調理する方法も楽しいかも知れません。

アメリカのキッチンはとても大きく、大きなオーブンや冷蔵庫があったり、食洗機があったりと、調理器具は充実していることが多いです。これは、共働きが多いアメリカの環境に置いて、男性も女性も平等に料理することが求められているからかも知れませんね。

料理が苦手な方でも、アメリカ赴任や新生活をきっかけに海外での自炊を実行してみるのもいいかも知れませんね。